ドコモのアカウントでログインすると
この機能をお使いいただけます。

グルメニュース

美容と健康

茶葉をそのまま食べる話題の「食茶」の方法や効果・効能

茶葉をそのまま食べる話題の「食茶」の方法や効果・効能

お茶の葉をそのまま食べると飲んだ時より効果的と言われています。カテキンだけでなくビタミン、ベータカロチン、食物繊維など飲むだけでは摂取できない栄養素もたくさんあります。今回はお茶っ葉を食べる食茶について解説します。

お茶に含まれる「カテキン」の効能と効果

お茶に含まれる「カテキン」の効能と効果

お茶にはさまざまな身体にいい成分が含まれています。その主成分がカテキン。なんとカテキンに期待されている効果はこんなにあるんです。

・血中の悪玉コレステロールの低下
・体脂肪低下作用
・ガン予防
・抗酸化作用による老化防止
・虫歯予防、抗菌作用

なかでも特に強いのが抗酸化作用で、大学や病院など多くの研究期間で研究が進んでいて、ガンや心臓病の危険を減らせることが実証されているそうです。

さらにカテキンの他にも、こんな成分が含まれています。ここまであるとは驚きですね!

・カフェイン(覚醒効果、持続力増加)
・アミノ酸(リラックス効果)
・ビタミン(疲労回復、生活習慣病予防、情緒安定、皮膚の健康維持)
・フッ素(虫歯予防)
・ミネラル(生態調節)
・サポニン(抗菌・抗ウィルス作用)

お茶の葉レシピなら280万件以上から一番人気のレシピを探せる検索サービスが使えるdグルメがオススメ。他にも11万件以上のレストランクーポンも使えて月額400円(税別)。
【dグルメ】初回31日間お試し無料

お茶を食べる事で摂取できる栄養素とは?

食べる事で摂取できるお茶の栄養素とは?

実はお茶の葉に含まれる栄養には、水溶性と脂溶性があります。先ほど紹介した「カテキン」は水溶性。つまり、お茶を飲むことで摂取できます。

お茶に含まれる水溶性の栄養素
カテキン、ビタミンC、カフェイン、アミノ酸、糖質

しかし、以下の脂溶性の栄養素は、水に溶けずに油に残る性質があります。

お茶に含まれる脂溶性の栄養素
ビタミンE、ベータカロチン、食物繊維、ミネラル、葉緑素など

このため、お茶を食べることによってはじめてお茶の葉に含まれている栄養素をすべて取り込め、本来のお茶の効能をフル活用することができるのです。

では、お茶の葉をそのまま食べればいいのか?というと、正直そんなには美味しいと感じないかもしれません。せっかく食べるのであれば、おいしく食べたいのが人間というもの。そこでお茶の葉を丸ごと食べられるレシピを紹介しましょう。

お茶を美味しく食べるレシピ

お茶を美味しく食べるレシピ

1.そのまま食べるなら荒挽きに
1~2ミリの荒挽きが最も口当たりが良いそう。あまり細かくしすぎると逆に苦味が強くなって調理にも色がつき過ぎることがあるとのこと。

2.ふりかけや薬味に
お茶の葉は煮たり焼いたりするのに向かないので、ふりかけにちょうどいい。おにぎりや漬物、焼き魚などにふりかけても美味しく召し上がれます。
また、切り干し大根やきんぴら、ヤキソバなどに青のりの代わりの薬味としても美味しいです。夏はそうめんの薬味にもしてみたいですね。

3.混ぜて調理する
クッキーやケーキの生地に混ぜると緑色がついてきれいに仕上がります。ホットケーキも意外と美味しいですよ。他には冷麺やつくねなどいろいろな料理に混ぜて使われているそうです。

料理としても使える「食茶」はこれからいろんなところで活躍しそうですね。和食だけでなく洋食などにも使ってみると思わぬ化学反応をおこしてミラクルな味が出るかもしれません。これは試してみる価値アリですね!
参考文献
『お茶百科、お茶の成分と健康性』
『飲むだけではもったいない!緑茶の利用法』

dグルメ会員なら、クックパッドのプレミアムサービス『殿堂入りレシピ』が使い放題!
さらに食べログの『プレミアムクーポン』も使い放題で月額400円(税別)。
お得に使えるグルメサービス使いホーダイサービスです。
>>初回31日間おためし無料!詳しくはこちら<<

facebook line twitter
スタンプ帳バナー

ページトップ