ドコモのアカウントでログインすると
この機能をお使いいただけます。

グルメニュース

美容と健康

知られざる柿の意外な効能と効果、栄養素とは?

知られざる柿の意外な効能と効果、栄養素とは?

柿はビタミンC、A、K、B1・B2、と天然の総合ビタミン剤と呼ばれるくらい豊富で、中でもビタミンCはミカンなど柑橘類の2倍もあります。そんな柿の知られざる栄養素や効能と効果について解説していきます。

柿の驚くべき豊富な栄養素

もっとも身近な果物

柿は中国原産という説もありますが、万葉歌人の柿本人麻呂は自宅に柿の木があったことから柿本とした説があるなど、日本では相当古くから栽培されていたようです。品種も1000種以上あり、風土に合っていたことは確かでしょう。かつては庭に柿の木がある家も珍しくなかったし、干し柿にすれば冬の間でも食べられたりと、私たちにはとても身近で、当たり前的な存在です。

そんな身近な存在故に、その驚くべき栄養素が意外と知られていません。まず柿のビタミンですが、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンK、ビタミンB1、B2と、まるで総合ビタミン剤のように数多く含まれているのです。

そして、含まれているビタミンCは、なんとミカンなど柑橘類の約2倍!佐賀の名産柿「基肄城(きいじょう)」になると100g中に300mgと、100g中に100mg含まれているレモンよりもはるかに多いのです。ポピュラーな富有柿でも普通サイズ1個で1日の必要量は十分補えるという素晴らしさ。そう、柿は全果物中でもビタミンCが豊富なもののひとつなのです。

さらに、サプリメントとしてもポピュラーとなったポリフェノール、こちらはなんと赤ワインの50倍。抗酸化パワーにいたっては、緑茶の500倍含まれていると言われています。

品種で数値に差がありますが、それでもこのように種類、含有量共にすごい数値を持っているのが柿なのです。。


柿を使った栄養満点レシピ
干し柿の酢の物
干し柿の酢の物
柿を使ったレシピをdグルメでもっと見る

dグルメなら、クックパッドの人気順検索が使い放題!
11万件以上のレストランクーポンなども使えて月額400円(税別)。

>>初回31日間おためし無料!詳しくはこちら<<

柿の効果・効能とは?

柿の効果・効能とは?

柿には豊富に栄養素が含まれていますが、ではその効果と効能はどのようなものがあるでしょうか。

まず先ほどもご説明した通り、柿のビタミンCが豊富に含まれていますので、疲労回復やかぜの予防に効果があると言われています。また、ビタミンAは免疫力を高める効果があると言われているので、柿で風邪予防対策が出来てしまいます。

そしてなんと、柿には二日酔いの回復効果があると言われているのです。柿の渋みの元になっている成分であるタンニンにはアルコール成分を分解する力があり、カリウムには利用作用があるのです。つまり、体内に蓄積されたアルコール成分をタンインで分解し、そしてカリウムが尿として排出してくれるという、まさに二日酔いのためにあるような効果があるのです。

捨てるにはもったいない葉や皮の栄養素

捨てるにはもったいない葉や皮の栄養素

通常捨ててしまう葉や皮ですが、実はここにも驚くべき栄養素が詰まっているのです。

柿の葉には、実にも負けないくらいのビタミンCが含まれており、実にみかんの30倍と言われております。柿の葉を使ったものだと柿の葉茶が有名ですが、実は柿の葉のビタミンCは熱してもそれほど壊れないので、お茶として飲むと身体に吸収されやすいのです。

そして皮ですが、こちらにも実と同じくカリウムやタンニンが含まれているので、二日酔いの朝には柿を皮ごと食べて、柿の葉茶を飲むのが一番効果的かもしれません。

とはいえ、何事もやりすぎは禁物。食べ過ぎてしまうと身体を冷やしてしまい消化不良にになる場合があります。また、タンニンを摂りすぎてしまうと貧血や便秘の症状が出てしまう事もありますので、一日に1~2個くらいが適量です。


冬の季節は風邪をひきやすく、そして忘年会や新年会、クリスマスといった飲み会が増える時期です。そんな時期に旬を迎える柿は、まさにうってつけの果物。毎日柿を食べておけば、快適な冬を過ごせるといっても過言ではないでしょう。今年の冬は柿で健康的な生活を送ってみてはいかがでしょうか?


柿を使った簡単レシピ
柿と春菊の白和え
柿と春菊の白和え

春菊の香りがきいているので、甘ったるくなく、おかずとしていただけます。

柿を使ったレシピをdグルメでもっと見る

dグルメなら、クックパッドのプレミアムサービス『殿堂入りレシピ』が使い放題!
さらに食べログの『プレミアムクーポン』も使い放題で月額400円(税別)。
お得に使えるグルメサービス使いホーダイサービスです。

>>初回31日間おためし無料!詳しくはこちら<<

facebook line twitter
スタンプ帳バナー

ページトップ