ドコモのアカウントでログインすると
この機能をお使いいただけます。

グルメニュース

グルメ情報

甘い幸せ堪能♪ヒルトンで味わう「とてたま姫スイーツ」って何?

retty
甘い幸せ堪能♪ヒルトンで味わう「とてたま姫スイーツ」って何?

とある日、こんな情報をキャッチした私。

「ヒルトン東京の『大正ロマン姫スイーツフェア』が、とてたま~♡ だったから行ったほうがいいよ!」

と聞いたものの、「”とてたま”って何…?」

調べてみると、”とてたま”=とても たまらないの略語で、大正時代、女学生の間で流行った言葉なのだとか。

一流ホテルがプロデュースする”とてたま”なスイーツフェアって!?一体どんなスイーツがあるのでしょう?気になりすぎて早速行ってきました!

到着するや否や、ピンクのバラや手毬がついた、なんとも華やかなアーチが登場。

遠目にはキラキラとしたスイーツが…。これは、期待大♡

アーチをくぐり進んだ先には、かわいいスイーツがズラリ!

キラキラした世界に目がくらみそう…!食べる前からテンションが上がって、スイーツ好きとしては、とてもたまらない光景です!

なるほど、これがウワサの”とてたま”ですね…。

今回の『大正ロマン姫スイーツフェア』では、季節のフルーツやレトロかわいいデザインのスイーツが30種類と盛りだくさん。

今回は、その中でも是非味わっていただきたい、イチオシのメニューをいくつかご紹介します♡

晴れ着ルージュ

サイドの千鳥格子模様のチョコシートと、フランボワーズで作られたルージュ色のジュレが印象的な「晴れ着ルージュ」という名のケーキ。

中にはホワイトチョコレートのムースと濃厚な抹茶がふんだんに使われており、和と洋が融合した贅沢な仕上がりのスイーツです。

ママの帯留め

上写真の鮮やかなペパーミントグリーンのスイーツは「ママの帯留め」。ミントとライムの爽やかな味わいのフロマージュブランです。

ライムの香りがふわっとした後、ミントが香る、チョコミン党さん必見のスイーツですよ♡

ベリーとバニラのモガ・パルフェ

続いては、メレンゲ、ベリー、バニラが入ったグラススイーツ。

赤×白の色合いがとってもキュートで、小ぶりなサイズ感も嬉しいポイント。軽い味わいなので、「お腹いっぱいだけどあと1つ食べたい…!」という時にぴったり♡

異国さん風タルト

見ただけでジューシーさが伝わるこちらのケーキは、マンゴー、オレンジ、パッション、ジンジャーなど、元気が出そうな食材がふんだんに使われた、ボリュームたっぷりのタルト。

甘酸っぱいフルーツと、しっとりとしたタルトとのハーモニーが最高♪

そしてそして!『大正ロマン姫スイーツフェア』に来たら、絶対にチャレンジしてほしいのがこちらのコーナー♡

会場の中央にあるこちらのエリアでは、5種類のマカロンと3種類のクリームを組み合わせ、自分だけのオリジナルマカロンが作れるのです!

もちろん私も作りました!好きな素材を選んで、サンドするだけなので簡単♡

素材に悩まなければ、20秒もかからず出来上がり♡

こぼれたシュガーもなんだかフォトジェニックに感じちゃう。

お菓子作りの一番楽しい部分を切り取った、今回のフェアで絶対外せない”とてたま”コーナーです。

ちなみスイーツ以外にも見どころが満載!

ご覧ください!フォトジェニックなスポットがたくさん!

入り口付近には、華やかな着物をまとったマネキンとフォトブースがあります。

ソファ横にはレトロかわいい電話のレプリカが♡

小物の一つひとつもクオリティが高く、写真を撮る手が止まりません。

フォトブース利用の際は、フォトアイテムとして手毬や花束、日傘も自由に使えます♪

スイーツエリアにはプロジェクションマッピングもあり、さらに気分を高めてくれます。

実はヒルトンの入り口でも、フェア内で飾られているレトロ可愛い提灯が!ヒルトン東京全体が”とてたま”な世界に侵食されていますね♡

こちらのフェアは9月13日まで!大正時代のお嬢様気分を味わえる、特別なスイーツをこの機会にぜひ召し上がれ♪

ライター紹介

TOKO
TOKO
京都出身。東京のIT企業でWebメディアの運営を経験し、副業でSNSの運用や雑貨ブランドのコンサルなどを手がける。グルメ以外の趣味は読書とゲーム。

<店舗情報>
ヒルトン東京「マーブルラウンジ」
期間:6月1日~9月13日 2:30pm-5:30pm
料金:税抜お一人様3,900円(お子様2,500円) ※土日祝は税抜4,050円(お子様2,600円)
住所:東京都新宿区西新宿6丁目6番2号
*ご予約はホームページでの受付のみとなります

※この記事は公開時点のものです
facebook line twitter
スタンプ帳バナー

ページトップ