グルメニュース

美容と健康

花粉症対策にヨーグルトは役立つ?花粉と乳酸菌のカンケイ

花粉症対策にヨーグルトは役立つ?花粉と乳酸菌のカンケイ

毎年、この時期に話題になるのが花粉症とヨーグルトの関係。なぜヨーグルトは「効果あり」といわれているのでしょう? 春に備えて花粉症とヨーグルトとの関係を紹介します。

そもそも花粉症とはどういうこと? 

そもそも花粉症とはどういうこと? 

そもそも、花粉症とはスギやヒノキ、ブタクサなど植物の花粉に対する免疫機能の過剰反応、つまりアレルギーのことです。花粉だけでなく、卵や小麦、ホコリなどアレルギーを引き起こす物質は人によってさまざまです。ちなみに、アレルギーを引き起こす物質のことを「アレルゲン」と呼びます。

その中でも、日本人の多くを悩ませているアレルゲンが花粉です。スギやヒノキなどは春に一斉に花を咲かせるため、多くの人が一斉に花粉症を発症します。一度アレルギーになってしまうと、体がアレルギー物質を取り込むたびに、鼻水やくしゃみ、かゆみなど、人によってさまざまな症状が引き起こされてしまいます。

花粉症、じつはオールシーズン

花粉症、じつはオールシーズン

自分の体を守る役目の免疫機能なのに、自分自身を攻撃してしまう花粉症。なかなか難しいものです。ちなみに、花粉症はスギやヒノキだけでなく、ブタクサなど夏から秋にかけて咲く花の花粉でも起きることがあります。なぜか秋になると目がしょぼしょぼしたり、鼻水が出るようなときは花粉症を疑ってみてください。

なお、花粉症を引き起こす主な植物が花粉を飛散するピークとなる時期は以下の通りです。

2月〜4月 ハンノキ・スギ・ヒノキ
5月〜9月 イネ科の植物
8月〜9月 ブタクサ
8月〜11月 よもぎ
9月〜11月 カナムグラ

少しでも気になることがあったら、内科や眼科、耳鼻科でアレルギー検査を受けてみましょう。

免疫力は腸が司っている

免疫力は腸が司っている

おさらいすると、花粉症は免疫機能が過敏に反応している状態です。そして、残念なことに花粉症の根本的な治療方法は、現在のところ見つかっていないそうです。

とはいえ、治療法は確立されていなくても、「過敏な反応」は免疫力を強化することで「少し過敏な反応」に和らげることができるといわれています。では、どうしたら免疫力を強化できるのでしょう?

実は、人間の免疫力を司る器官は腸といわれています。腸には体の中の免疫システム全体の60%があるため、腸を元気な状態にしておくと免疫も活性化し、より快適な状態に近づけることができるのです。

鍛えよう免疫力。腸をパワーアップ

腸の調子を整えるには、バランスのよい食生活や、適度な運動、たっぷりの睡眠を取ることが基本です。バランスのよい食生活とは、肉や野菜、穀物などを適度に取ること。「栄養についてよく分からない……」という方も、肉ばかり食べて、野菜を取らないでいると、おならや便が臭くなるのはおわかりになるはず。これは腸の中にいる腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が優勢になっているから起こることです。

この状態を抑えるには、野菜を取り、そして整腸作用のある乳酸菌などを積極的に食べることがよいと考えられています。ヨーグルトが花粉症によいとされているのは、こんな理由があったからなのですね。

始めてみよう「腸活」~ヨーグルトの食べ方ポイント~

始めてみよう「腸活」~ヨーグルトの食べ方ポイント~

では、ヨーグルトはどれくらいの量、どれくらいの期間食べ続ければよいでしょうか? 実は、これには明確な正解はなく、「食べる人がストレスを感じない程度の量とペース」がよいとされています。続けることが大事だからです。

というのは、腸の中にいる腸内細菌は善玉菌と悪玉菌が毎日戦っています。ヨーグルトを食べると、善玉菌は活性化され腸内の免疫機能も活性化されるといわれていますが、10日に一回たっぷりヨーグルトを食べたとしても、残りの9日はヨーグルトなしの状態、これはあまり良くありません。毎日少しずつでもヨーグルトを食べる習慣をつけておきましょう。

お気軽な食べ方は、グラノーラなどに牛乳の代わりにヨーグルトをかけて食べること。忙しい朝でもかんたんにヨーグルトを食べることができます。毎日の習慣にしてみてください。

ヨーグルト、毎日同じで飽きてしまったら?

ヨーグルト、毎日同じで飽きてしまったら?

毎日ヨーグルトだけ食べるのはちょっと飽きてしまう……という方は、以下の簡単なアレンジもオススメです。

【ヨーグルトドレッシング】
作り方は、ヨーグルトとオリーブオイルを1:1の割合で混ぜ、塩と胡椒をお好みでまぜるだけ。

さわやかな風味のドレッシングは特に、きゅうりや人参との相性がよく、野菜スティックにぴったり。ちなみに、ヨーグルトとマヨネーズを1:1で混ぜたドレッシングもオススメです。この場合、塩味が若干薄くなるので、塩をお好みで加えてください。

【スムージー】
お好みの野菜とヨーグルトをミキサーにかけるだけで完成。

以下のようなフルーツや野菜を組み合わせると、乳酸菌だけでなく、ビタミンもたっぷりとれるスムージーができあがります。

・小松菜、バナナ、ヨーグルト
・ケール、人参、レモン、ヨーグルト
・ブルーベリー、レモン、ヨーグルト

なおヨーグルトは、小松菜やケールなどの青菜の生臭さを軽減してくれる役割もあります。

ちなみに、ヨーグルトを使ったパウンドケーキなど火を使ったお菓子やお料理は、免疫力アップにはつながりません。乳酸菌は熱に弱く、加熱することで死んでしまうからです。お気をつけください。

こんな食べ方もオススメ

こんな食べ方もオススメ

プレーンタイプのヨーグルトを食べるとき、砂糖をかける方も多いと思いますが、そのときにオススメなのがはちみつです。というのは、はちみつにはオリゴ糖が含まれているから。オリゴ糖は乳酸菌とともに腸に良いとされているビフィズス菌の栄養分になります。なので、シンプルにヨーグルトを食べるよりも菌が元気になり、よりパワーのある効果が期待できるのです。はちみつとヨーグルト、すてきな組み合わせです。

また、オリゴ糖はきなこやインゲン、ごぼうなどにも含まれています。おやつ選び、おかず選びのときに「オリゴ糖」の含有量で考えてみるのもオススメです。

ヨーグルトの選び方

ヨーグルトの選び方

現在、いろいろな種類のヨーグルトがお店に出ています。いろいろ食べ比べ、好みのものを選ぶようにしましょう。なにより大切なのは「続けること」です。

どのヨーグルトもおいしくて選べない、というときは「生きて腸まで届く」と書かれているもの(プロバイオティクスと呼ばれています)にしましょう。その名の通り、乳酸菌が生きて大腸まで届き、善玉菌の味方をしてくれます。

ちなみに、生きて腸まで届くと表示されていないヨーグルトでも、腸と免疫力には非常に有効です。というのは、乳酸菌の死骸がエサとなり腸内の善玉菌が活性化されるから。善玉菌が活性化されると免疫力は上がります。だから、どんなヨーグルトでも花粉症にとっては有益な結果をもたらしてくれるのです。

ヨーグルトと花粉症、免疫力の関係はお分かりいただけたでしょうか? 免疫力が高まってくると、吹き出物なども出にくくなります。また腸そのものも元気になり、便秘も改善。総合的な美容効果も期待できます。これからのつらい季節を乗り切るため、積極的にヨーグルトを食べて、快適な毎日を過ごしていきましょう!

facebook line twitter

dグルメお得コンテンツ

  • 今なら最大1,000ポイントもらえるチャンス!
  • レストランネット予約でdポイントがもらえる
  • 110,000店舗以上で使えるクーポン
  • 食をもっと楽しもうキャンペーン
  • 食べログ お食事券プレゼント(2月)
  • dポイントをためる
  • dデリバリークーポン500円分もらえる

初回31日間無料!おためしはこちら