グルメニュース

グルメ情報

都内でブリオッシュが人気のベーカリー3選

都内でブリオッシュが人気のベーカリー3選

ブリオッシュは17世紀にフランスで生まれ、かつては菓子パンとして親しまれてきましたが、今では数種類のタイプがあり、卵とバターをふんだんに使った溶けるような生地が特徴的。東京のブリオッシュ人気店をご紹介します!

「メゾン・イチ 代官山」のスイーツのようなブリオッシュ

「メゾン・イチ 代官山」のスイーツのようなブリオッシュ

代官山駅から程近いビルの地下にある、リッチな趣の空間。メゾンカイザーのチーフブランジェを務めたオーナーが開いた店で、バゲット、クロワッサンをはじめとしたフランス流ブーランジェリーの正統派スタイルを貫いています。

こちらでは「木いちごのブリオッシュ」「マンゴーのブリオッシュ」(各215円)という2種類のブリオッシュを用意。バターの風味をしっかり感じるブリオッシュ生地に果実の甘みと酸味が加わったスイーツ感覚の味わいです。

また、イートインやデリの料理にこだわっているのもこのお店の魅力なので、パリに迷い込んだような空間での食事もおすすめです。

メゾン・イチ 代官山
所在地:東京都渋谷区猿楽町28-10 モードコスモスビルB1
TEL:03-6416-4464
営業時間:8:00~22:00
定休日:なし

「カーラ・アウレリア」の黒砂糖入りブリオッシュ

「カーラ・アウレリア」の黒砂糖入りブリオッシュ

実力派ベーカリーが集まる大丸東京店のデパ地下の中の一店。製糖会社が母体のため、奄美のサトウキビによる「素焚糖(すだきとう)」を使ったメロンパンやあんぱんをはじめ、様々な砂糖を使ったパンで楽しませてくれます。

人気商品の「黒砂糖と五色豆のブリオッシュ」(453円)もそのひとつで、和のエッセンスを交えたブリオッシュは、やわらかな五色豆の甘さと黒砂糖のカラメルのような香ばしさが調和されています。全体的に甘すぎないので、家族でシェアしながら朝食のパンとしても使えそうです。

カーラ・アウレリア 東京駅大丸店
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店B1F
TEL:03-3212-8011
営業時間:10:00~21:00
定休日:大丸東京店に準じる

本国の職人のレシピを守った「ブリオッシュ・ドーレ」

本国の職人のレシピを守った「ブリオッシュ・ドーレ」

フランスで300店舗以上を展開するベーカリーカフェが昨年に日本初進出。フランスの職人によるレシピを忠実に守り、本場のブリオッシュをお手頃に提供しています。

看板メニューの「ブリオッシュ ナチュール」(150円)は、形も伝統的なブリオッシュの花びら型。手のひらに収まる可愛らしい形で、温めるとバターの風味と甘さが一層引き立ちます。

また、クロワッサン生地にクリームが詰まった「マフィノワズリー」(380円)も、焼き上がり早々に売り切れになる人気の一品です。

ブリオッシュ・ドーレ ヨドバシAKIBA店
所在地:東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba 1F ワイワイマルシェ
TEL:03-5298-5551
営業時間:7:00~22:00
定休日:なし

長くフランスの人々に食され、親しまれてきたブリオッシュ。かの有名な18世紀の王妃、マリー・アントワネットが残した「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」という名言の”お菓子”もブリオッシュを指していたのだとか。しっとり感が魅力のパンなので、焼きたてを味わうのがベター。買ったその日のうちに食べ終えることをおすすめします。

>>近くのブリオッシュが人気のお店を探すならdグルメのレストラン検索

facebook line twitter
初回31日間無料!おためしはこちら

グルメニュースカテゴリー


facebook line twitter
初回31日間無料!おためしはこちら