ドコモのアカウントでログインすると
この機能をお使いいただけます。

利用規約

d グルメ ご利用規約

株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)がdマーケットにおいてお客さまに提供する第2条に定めるdグルメ(以下「dグルメ」といいます)は、このdグルメご利用規約(以下「本規約」といいます)に従って提供されます。お客さまが本規約に同意されない場合、dグルメをご利用いただくことはできません。

第1条(定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意味は、当該各号に定めるとおりとします。

(1)「契約約款」とは、FOMAサービス契約約款およびXiサービス契約約款をいいます。
(2)「対象回線契約」とは、契約約款に基づく回線契約をいいます。
(3)「ドコモ回線契約者」とは、ドコモと対象回線契約を締結しているお客さまをいいます。
(4)「非回線契約者」とは、ドコモ回線契約者以外のお客さまをいいます。
(5)「dグルメサイト」とは、ドコモがdグルメ提供のために管理、運営する、WEBサイト <https://gourmet.dmkt-sp.jp/>(当該URL配下のWEBサイトを含み、ドコモがそのURLを変更した場合は、変更後のURLとします)をいいます。
(6)「dグルメアプリ」とは、dグルメに対応するスマートフォン、タブレット端末用のアプリケーションソフトウェアをいいます。
(7)「無料会員向けサービス」とは、dグルメにおいて無償で提供される第2条第2項に定めるサービス(機能)の一部を利用することができるサービスをいいます。
(8)「dグルメ無料会員」とは、ドコモとの間で利用契約を締結した者をいいます。
(9)「利用契約」とは、本規約に基づきドコモとdグルメ無料会員との間で締結される、無料会員向けサービスの利用に係る契約をいいます。
(10)「プレミアム会員向けサービス」とは、dグルメにおいて有償で提供される第2条第2項に定めるサービス(機能)をいい、その詳細はdグルメサイト上に定めるとおりとします。
(11)「dグルメプレミアム会員」とは、ドコモとの間でプレミアム会員向けサービスの利用に係る契約を締結した者をいいます。
(12)「プレミアム会員契約」とは、プレミアム会員向けサービスを利用するためにドコモとdグルメプレミアム会員との間で締結される契約をいいます。
(13)「dグルメ会員」とは、dグルメ無料会員とdグルメプレミアム会員の総称をいいます。
(14)「利用契約等」とは、利用契約とプレミアム会員契約の総称をいいます。
第2条(dグルメの概要)
1. dグルメとは、dグルメ会員が料理やレストラン情報等の食に関するコンテンツ(以下、dグルメにおいて提供されるコンテンツを「対象コンテンツ」といい、dグルメサイトのリンク先等においてドコモの提携先が提供するコンテンツを「提携先コンテンツ」といいます)をdグルメに対応した端末(ドコモが別途指定するものとし、以下「対応端末」といいます)において利用するために、本規約に定める条件に基づきドコモがdグルメ会員に提供するサービス(機能)の総称です。dグルメにはプレミアム会員向けサービスと無料会員向けサービスの2種類があり、dグルメにおいて提供されるすべてのサービス(機能)を利用するためにはプレミアム会員向けサービスをお申込みいただき、利用契約と併せてプレミアム会員契約を締結する必要があります。
2. dグルメにおいてdグルメ会員が利用できるサービス(機能)は、次の各号のとおりです。なお、dグルメ無料会員については、次の各号に定めるサービス(機能)のうち、一部のサービス(機能)のみご利用いただけます。
(1)対象コンテンツの利用
(2)提携先コンテンツの利用
(3)メッセージR(リクエスト)、ショートメッセージ(SMS)、dアカウントとして使用されているメールアドレス(以下総称して「電子メールアドレス」といいます)または端末の通知領域(ノーティフィケーションエリア)等へ配信または表示される対象コンテンツに関するおすすめ情報等の取得
(4)dグルメサイト内での新着情報等を表示するページの閲覧
(5)前各号のほか、ドコモが随時追加するサービス(機能)
3. ドコモは、dグルメ会員によるdグルメの利用に際して、適宜ドコモのdグルメ用サーバとの間で通信が行われ、ドコモがdグルメ会員の契約形態等に従ってdグルメ会員毎に払い出す固有の記号(以下「ユーザID」といいます)またはdグルメ会員の対応端末にかかる端末識別番号(以下ユーザIDと併せて「ユーザID等」といいます)を確認する場合があります。ドコモがdグルメ会員のユーザID等を確認できない場合、dグルメ会員はdグルメを利用できない場合があります。
4. ドコモは、dグルメ会員に予め通知することなく、対象コンテンツを含むdグルメの内容(dグルメで提供される各種情報を含みます)および仕様を変更し、それらの提供を停止または中止(以下総称して「変更等」といいます)することができるものとします。dグルメの内容および仕様の変更等による損害について、ドコモは一切の責任を負いません。
5. dグルメの利用には、次の各号に掲げる場合に応じ、それぞれ当該各号に定めるIDおよびパスワード(以下総称して「dアカウント等」といいます)が必要です。
(1)ドコモとの間で対象回線契約を締結している場合: ドコモが別途定めるdアカウント規約(以下「dアカウント規約」といいます)に基づくドコモ回線dアカウントのIDおよびパスワード(以下「ドコモ回線dアカウント」といいます)
(2)非回線契約者の場合: dアカウント規約に基づくキャリアフリーdアカウントのIDおよびパスワード(以下「キャリアフリーdアカウント」といいます)
6. dグルメの利用(対象コンテンツのストリーミングおよび電子メールアドレスでの情報等の受信を含みます)にはdグルメ会員が使用される通信手段に応じて通信料がかかります。国際ローミング中における通信料は、dグルメ会員がパケット定額サービスを契約されていても、「海外パケ・ホーダイ」または「パケットパック海外オプション」その他通信事業者が提供する海外でも利用できるパケット定額サービスが適用となる場合を除き、パケット定額サービスの適用対象外となります。
7. 対象コンテンツの利用に関する条件については、ドコモが個別の対象コンテンツについて別途条件(以下「特約」といい、特約は本規約の一部を構成するものとします)を定める場合には、dグルメ会員は、対象コンテンツの利用にあたり、本規約のほか特約に同意いただく必要があり(特約は、dグルメサイトの対象コンテンツの紹介ページ(リンク先を含みます)上に表示されます)、特約に同意頂けないdグルメ会員は当該対象コンテンツを利用または使用することができません。なお、本規約に定める条件と特約に定める条件との間に異なる点や矛盾する点がある場合、特段の定めがない限り、特約が本規約に優先して適用されるものとします。
8. 提携先コンテンツの利用に関する条件については、提携先が提携先コンテンツについて別途定める利用条件が適用されます。提携先コンテンツは提携先が提供するものであり、ドコモは、提携先コンテンツの利用に関してdグルメ会員に生じたトラブルまたは損害等について、一切の責任負わないものとします。
9. ドコモ所定のdグルメアプリの使用に関する条件については、「dグルメアプリ使用許諾規約」に定める条件が適用されます。
第3条(本規約・特約の変更)
本規約(特約を含みます)の内容は、ドコモがその裁量により、dグルメ会員に予め通知することなく変更されることがあります。この場合、dグルメの提供条件等については、変更後の本規約および/または特約が適用されます。
第4条(利用契約の成立等)
1. お客さまがdグルメの利用を希望される場合、本規約に同意のうえ、ドコモが別に定める方法に従い、dグルメの利用にかかる利用契約を締結していただく必要があります。ただし、ドコモが別途指定するサービスの利用にかかる契約を締結されているお客さまについてはこの限りでなく、本規約の条件(利用料に関する条件その他性質上利用契約および/またはプレミアム会員契約をご契約のdグルメ会員に対してのみ適用される条件を除きます)を遵守することを条件として一部のサービス(機能)を利用することができます。
2. dグルメサイトまたはdグルメアプリの画面上に表示される「利用する」ボタンが押下された時点をもって、お客さまとドコモとの間に本規約に基づく利用契約が成立し、その効力を生ずるものとします。また、利用契約を締結していないお客さまとドコモとの間で、第5条の定めに従いプレミアム会員契約が成立した場合、当該プレミアム会員契約の成立と同時にお客さまとドコモとの間において利用契約が成立するものとします。
3. お客さまが未成年者である場合は、利用契約およびプレミアム会員契約の申込みについて法定代理人(親権者または未成年後見人)の事前の同意を得るものとします。未成年者のお客さまがdグルメを利用された場合には、法定代理人の同意を取得したうえで利用されたものとみなします。
第5条(プレミアム会員契約の成立等)
1. プレミアム会員向けサービスの利用を希望するお客さまは、本規約の内容に同意のうえ、ドコモが別に定める方法に従いプレミアム会員向けサービス利用の申込(以下「利用申込」といいます)を行うものとします。プレミアム会員契約は、ドコモが当該利用申込を承諾したときに、お客さまとドコモとの間で成立するものとします。
2. プレミアム会員契約をご希望される非回線契約者のお客さまは、利用申込にあたり、dグルメの利用料金(以下「利用料」といいます)のお支払いに使用するクレジットカード(以下「決済用クレジットカード」といいます)を届け出ていただく必要があります。なお、使用いただけるクレジットカードは、ドコモが別途指定する種類のクレジットカードであり、かつ、ご本人名義のものに限ります。また、非回線契約者のお客さまは、決済用クレジットカードについて、以下の各号の事項に同意するものとします。

(1)決済用クレジットカードの変更を希望する場合は、ドコモが別に定める方法により変更の届出を行うものとし、かかる変更がなされない限り、利用料は、毎月、届出のあった決済用クレジットカードによりお支払いいただくこと
(2)決済用クレジットカードの会員番号または有効期間に変更または更新があった場合、ドコモが別に定める方法により、その旨を届け出ること
(3)決済用クレジットカードは、ドコモが別に指定する他の月額料金制のサービス(以下「特定サービス」といいます)の利用料金のお支払いに使用いただくクレジットカードと同一のものにする必要があること
(4)dグルメに関して届け出た決済用クレジットカードが、過去に特定サービスに関して届け出たクレジットカードと異なる場合、以降、当該特定サービスの利用料金についても、dグルメに関して届け出た決済用クレジットカードによりお支払いいただくこと
(5)特定サービスに関して届け出たクレジットカードが、過去にdグルメに関して届け出た決済用クレジットカードと異なる場合、以降、決済用クレジットカードは当該クレジットカードに自動的に変更されること
(6)ドコモは、決済用クレジットカードの情報を、特定サービス以外のドコモのサービスにおいても利用する場合があること
(7)ドコモは、クレジットカードによる決済に必要な範囲で、お客さまの個人情報をクレジットカード会社および決済代行会社に通知する場合があること
(8)クレジットカード会社からドコモに対して、決済用クレジットカードの会員番号や有効期限の変更または更新に関する情報が通知される場合があること
3. ドコモは、第1項に基づくお客さまからの利用申込を受けた場合、審査のうえ、ドコモ所定の方法により、利用申込に対する諾否を通知します。ドコモが利用申込を承諾する旨の通知を行った場合、その時点で、お客さまとドコモとの間にプレミアム会員契約が成立し、その効力を生じるものとします。なお、次の各号のいずれかに該当する場合、お客さまからの利用申込を承諾しない場合があります。

(1)dアカウント等をお持ちでないお客さまによる利用申込である場合
(2)非回線契約者による利用申込であり、かつ、届出のあった決済用クレジットカードについて、利用料の決済への使用についてクレジットカード会社の承認を得られない場合
(3)ドコモ回線契約者による利用申込であり、かつ、対象回線契約について、利用中止中、利用停止中、一時中断中、電話番号保管中などドコモが別に定める状態にある場合
(4)dグルメの利用を停止され、または利用契約等を解除されたことがあるお客さまによる利用申込である場合
(5)申込内容もしくは届出内容に不足もしくは不備があり、もしくは虚偽の内容が含まれる場合、またはそれらのおそれがある場合
(6)本規約に違反するおそれがある場合
(7)利用料その他のドコモに対する債務のお支払いを現に怠り、または怠るおそれがある場合
(8)その他ドコモが不適当と判断した場合
第6条(利用条件)
1. ドコモは、dグルメ会員による本規約の遵守を条件に、利用契約等の有効期間中に限り、dグルメを利用するのに必要な範囲で対象コンテンツを利用できる非独占的かつ譲渡不能な権利を、dグルメ会員に対して許諾することとします。
2. 対象コンテンツにかかる著作権その他の知的財産権等の全ての権利は、ドコモまたは対象コンテンツにかかるその他の権利者に帰属するものとし、本規約による対象コンテンツの利用許諾は、dグルメ会員に対して、対象コンテンツにかかるいかなる権利の譲渡または移転を認めるものではなく、本条に定める範囲を超えての対象コンテンツの利用または使用を認めるものではありません。
3. dグルメを利用いただくためには、対応端末をご用意いただく必要があります。dグルメ会員は、対応端末であっても、dグルメ会員の使用する端末またはOSもしくはアプリ、ブラウザのバージョン等に応じて、対象コンテンツの全部もしくは一部を利用いただけない場合があること、または、対象コンテンツの内容が異なる場合があることを認識し同意するものとします。ドコモは、対象コンテンツが全ての対応端末に対応することを保証するものではありません。
4. dグルメ会員は、対象コンテンツの利用にあたり、次の各号に定める事項を遵守するものとします。

(1)dグルメ会員は、第2項に記載した範囲を超えて対象コンテンツを利用または使用してはなりません。
(2)dグルメ会員は、対象コンテンツの全部または一部を複製、改変、改ざんし、または逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリング、その他内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換することを行ってはなりません。
(3)dグルメ会員は、対象コンテンツに付されている著作権表示その他の権利表示を除去または変更してはなりません。
(4)dグルメ会員は、対象コンテンツの全部または一部を、有償、無償を問わず第三者に販売、頒布、公衆送信(自動公衆送信の場合にあっては、送信可能化を含みます)、貸与、譲渡、再利用許諾、開示し、または担保設定もしくはリースその他処分をしてはなりません。
(5)前号にかかわらず、dグルメ会員は対象コンテンツのうちドコモが別途認めたものについて、ドコモが別途認めたソーシャルネットワークサービス(以下「外部SNS」といいます)に投稿することができます。ただし、外部SNSのご利用に関して、dグルメ会員に損害が生じた場合でもドコモは一切の責任を負いません。
(6)dグルメ会員は、対象コンテンツを、ドコモもしくは第三者の著作権等の知的財産権その他の権利を侵害する行為、公序良俗に反する行為、犯罪を構成する行為もしくは法令に違反する行為、またはそれらのおそれのある行為に利用してはなりません。なお、dグルメ会員が本規約の定めに違反して対象コンテンツを利用したことにより第三者との間で当該第三者の権利を侵害した、または侵害するおそれがあるとして紛争等が生じた場合は、dグルメ会員自身の責任において当該紛争等を解決するものとし、これによりドコモが損害を被った場合には、ドコモは、自らが被った当該損害につき、その賠償をdグルメ会員に請求できるものとします。
(7)dグルメ会員は対象コンテンツを、本条において認められた範囲で、個人的かつ非商業的な目的に限り利用することができるものとし、営利目的のために利用してはなりません。
5. 対象コンテンツの内容および品質は、dグルメ会員がdグルメにおいて対象コンテンツを利用される時点でドコモが合理的に提供可能な範囲のものとします。
6. ドコモはdグルメ会員に対し、次の各号の保証を行わないものとし、dグルメ会員に損害が発生した場合であっても、一切責任を負いません。

(1)対象コンテンツおよび提携先コンテンツに関して、利用目的・使用機器等への適合性、および利用結果に関わる的確性や信頼性等
(2)dグルメを通じてdグルメ会員が閲覧または取得する情報、コンテンツ、アプリケーション等(対象コンテンツを含みますがこれに限られません)についてその安全性、正確性、確実性、有用性、第三者権利の非侵害性等
(3)dグルメの提供に関連して、dグルメサイト、dグルメアプリ等において設定された第三者のサイトへのリンクおよび当該リンク先の情報、コンテンツ、アプリケーション等(提携先コンテンツを含みますがこれに限られません)の安全性、正確性、確実性、有用性、第三者権利の非侵害性等
7. ドコモは、dグルメ会員に対し、dグルメに関する技術サポート、保守、機能改善等のいかなる技術的役務の提供義務も負いません。
8. ドコモは、別途法律上必要がある場合を除き、dグルメにおいてドコモが入手するdグルメ会員の情報の保存義務を負わないものとします。dグルメ会員は、必要に応じて、自らの責任で自ら管理する情報のバックアップを取るものとします。また、dグルメ無料会員は、dグルメ無料会員がdグルメを90日間利用しなかった場合(ドコモがdグルメの利用の事実を確認できない場合を含みます)、ドコモはdグルメ無料会員がdグルメにおいて登録した情報を削除することができることについて予め同意するものとします。当該削除により、dグルメ無料会員が損害を被った場合でも、ドコモは一切責任を負いません。
第7条(認証)
1. dグルメ会員によるdグルメの利用に際して、ドコモは次の各号に定める方法のうちドコモが指定する方法により、dグルメ会員を認証します。認証ができない場合には、dグルメ会員はdグルメをご利用になれません。なお、ドコモ回線dアカウントまたはキャリアフリーdアカウントのご利用条件は、dアカウント規約に定めるところによります。

(1)ドコモ回線契約者の場合:
(i) dグルメサイトにアクセスされている対象回線契約を認証する方法(spモードを利用してdグルメサイトにアクセスされた場合)
(ii) ドコモ回線dアカウントにより認証する方法
(iii) 上記(i)または(ii)のいずれかの認証方法によりdグルメ会員がdグルメを利用された際にドコモが発行したCookieにより認証する方法
(2)非回線契約者の場合:
(i)キャリアフリーdアカウントにより認証する方法
(ii)上記(i)の認証方法によりdグルメ会員がdグルメを利用された際にドコモが発行したCookieにより認証する方法
2. 前項に定めるいずれかの認証方法による認証がなされた場合、ドコモはdグルメ会員ご自身がdグルメを利用したものとみなすことができるものとします。
3.dグルメ会員は、ドコモUIMカード(spモード契約者の場合)、dアカウント等およびそれらを入力したことのある対応端末ならびに第1項に定めるCookieが保存されている端末(以下総称して「認証キー」といいます)を厳重に管理するものとし、第三者に譲渡、貸与、質入、その他利用させてはならないものとします。認証キーの管理不十分、使用上の過誤または第三者による不正利用等については、dグルメ会員が一切の責任を負い、ドコモは責任を負わないものとします。
第8条(利用料の支払について)
1. dグルメプレミアム会員は、本条の定めに従い、プレミアム会員向けサービスの月額利用料(以下「利用料」といいます)をドコモに対し支払うものとします。
2. 利用料は、月額400円(税抜)とします。
3. 前項の定めに関わらず、プレミアム会員契約の成立日から起算して31日間、利用料を無料とします(以下「初回無料特典」といいます)。なお、利用料は第12項に定めるとおり、日割しないため、初回無料特典の適用中に解約されない場合には、当該適用期間満了日の翌日が属する月より1か月分の利用料がかかりますのでご注意ください。
4. 前項の規定の適用にあたっては、対象回線契約またはdアカウントの単位で、それぞれについて初めてのご契約である場合に初回無料特典を適用します。ただし、非回線契約者のdグルメプレミアム会員について、過去に初回無料特典の適用を受けたことがあるプレミアム会員契約において初回無料特典の適用開始時に届け出ていた決済用クレジットカードと同一の決済用クレジットカードを届け出た場合、一部の場合を除き、初回無料特典は適用されません。
5. FOMAサービスにかかる対象回線契約とXiサービスにかかる対象回線契約との間での契約変更がなされた場合は、同一の対象回線契約とみなしますが、初回無料特典の適用中に当該契約変更がなされた場合、初回無料特典はその時点で終了します。
6. dグルメプレミアム会員のキャリアフリーdアカウントが、第17条第3項第一文に定める電話番号登録の方法によりドコモ回線dアカウントに移行した場合、移行前のキャリアフリーdアカウントで初回無料特典の適用を受けたことがある場合であっても、ドコモ回線dアカウントへの移行の申込みをした対象回線契約について初回無料特典の適用を受けたことがないときは、dグルメプレミアム会員は当該対象回線契約について新規に初回無料特典の適用を受けることができます。また、dグルメプレミアム会員が、ドコモ回線dアカウントへの移行の申込みをした対象回線契約について現に初回無料特典の適用を受けている場合には、引き続き当該初回無料特典の期間満了までの間、当該初回無料特典が適用されます。なお、対象回線契約における初回無料特典の適用状態の如何にかかわらず、移行前のキャリアフリーdアカウントに対して適用されていた初回無料特典は、ドコモ回線dアカウントへの移行が完了した時点をもって終了します。
7. 本条第4項の規定にかかわらず、プレミアム会員契約をご契約のドコモ回線契約者で初回無料特典の適用を受けたことがあるdグルメプレミアム会員のドコモ回線dアカウントが、対象回線契約の解約の後、第17条第2項の定めに従いキャリアフリーdアカウントに移行した場合、当該dグルメプレミアム会員は当該移行後のキャリアフリーdアカウントについて再度初回無料特典の適用を受けることはできず、対象回線契約に対して初回無料特典の適用期間中に当該対象回線契約にかかるドコモ回線dアカウントがキャリアフリーdアカウントに移行した場合、当該初回無料特典はその時点で終了します。
8. dグルメプレミアム会員は、利用料(次条の規定により、ドコモが請求事業者へ譲渡した債権を含み、延滞利息を除きます)について支払期日を経過してもなお支払がない場合には、支払期日の翌日から支払日の前日までの日数について、年14.5%の割合で計算して得た額を延滞利息として支払っていただきます。ただし、支払い期日の翌日から起算して15日以内に支払があった場合は、この限りではありません。
9. 利用料の支払いについては、dグルメプレミアム会員は次の各号に定める方法でドコモに支払うものとします。

(1) ドコモ回線契約者の場合: dグルメプレミアム会員の対象回線契約のご利用料金と合わせて、契約約款その他ドコモが別途定める方法によりお支払いいただきます。本規約に別段の定めがある場合を除き、利用料の請求、支払については、契約約款の定めが適用されるものとします。
(2) 非回線契約者の場合: 決済用クレジットカードにより、前払いにてお支払いただきます。なお、何らかの事由により利用料のお支払いに決済用クレジットカードを使用できなかった場合には、ドコモが利用料を直接請求する場合があります。
10. ドコモ回線契約者のdグルメプレミアム会員が、第17条第2項の規定に基づき、月途中から非回線契約者としてdグルメを利用いただくこととなった場合は、当該月の翌月の利用料より、前項第2号の定めに従って利用料をお支払いただきます。
11. 非回線契約者のdグルメプレミアム会員が、第17条第3項の規定に基づき、月途中からドコモ回線契約者としてdグルメを利用いただくこととなった場合、当該月の翌月の利用料より、前項第1号の定めに従って利用料をお支払いただきます。
12. 利用料は、日割しません。dグルメプレミアム会員とのプレミアム会員契約が月途中で成立した場合、または解約された場合であっても、1か月分の利用料をお支払いただきます。
第9条(債権の譲渡等)
1. ドコモ回線契約者のdグルメプレミアム会員は、ドコモが利用料の債権を、ドコモが定める第三者(以下「請求事業者」といいます)に譲渡することを承認していただきます。この場合において、ドコモおよび請求事業者は、dグルメプレミアム会員への個別の通知または譲渡承認の請求を省略するものとします。
2. ドコモ回線契約者のdグルメプレミアム会員は、ドコモが前項の規定に基づき請求事業者へ債権を譲渡する場合において、氏名、住所および契約者識別番号等の情報(請求事業者がドコモ回線契約者へ料金を請求するために必要な情報であって、ドコモが別に定める「プライバシーポリシー」に定めるものに限ります)をドコモが請求事業者へ提供する場合があることに予め同意するものとします。
3. ドコモ回線契約者のdグルメプレミアム会員は、ドコモが第1項の規定に基づき請求事業者へ譲渡した債権にかかわる情報(請求事業者への支払い状況に関するものであって、ドコモが別に定めるものに限ります)を請求事業者がドコモに提供する場合があることに予め同意するものとします。
第10条(dポイントの進呈等について)
1. dグルメプレミアム会員が、ドコモが別に定める「dポイントクラブ会員規約」(以下「dポイントクラブ会員規約」といいます)に定める会員(以下「dポイントクラブ会員」といいます)である場合、第8条第2項に定める利用料は、dポイントクラブ会員規約におけるポイント提供対象サービス利用金額となり、dグルメプレミアム会員にdポイントが進呈されます。
2. 前項に基づくdポイントの進呈のほか、ドコモは、ドコモが自ら企画するdグルメにおける施策等により、dポイントクラブ会員にdポイントを進呈する場合があります。これらの施策等を実施する場合には、それぞれの内容の詳細について、dグルメサイトにてdグルメ会員に周知します。
3. 本条に定めるdポイントの進呈および進呈されたdポイントの使用に関する条件等は、本規約に定める事項を除き、dポイントクラブ会員規約が適用されます。
第11条(個人情報の取扱い等)
1. ドコモは、dグルメの提供に関連して取得したdグルメ会員の個人情報をドコモが別に定める「プライバシーポリシー」に従って取り扱います。
2. ドコモは、dグルメ会員の個人情報およびユーザIDを、dグルメの提供および「プライバシーポリシー」に定める利用目的のために、用いる場合があります。
3. ドコモは、ドコモが提供する商品・サービス(dグルメを含みますがこれに限りません)の各種機能の有効性評価、機能改善および品質向上、新サービスの企画・開発、ならびにドコモのマーケティング活動のために、dグルメ会員のdグルメの利用履歴(以下「本データ」といいます)をクッキー(cookie)を用いて収集します。ドコモは、これらの情報をdグルメ会員個人を識別するIDと組み合わせ、dグルメ会員の属性情報等を付加した上で利用することがあります。ドコモは、上記目的のために解析ツール「Google Analytics」(以下「解析ツール」といいます)を利用しています。dグルメ会員は、本データが、解析ツールの提供者であるGoogle, Inc.およびその完全子会社(以下「Google等」といいます)の管理するサーバシステムに格納され、Google等が当該本データを、Google等が定める利用目的の範囲で当該情報を利用することに同意するものとします。解析ツールの詳細およびdグルメ会員が解析ツールを用いたdグルメ会員の情報の利用を望まない場合の拒否設定の方法、ならびにGoogle等が定める利用目的は<http://www.google.com/policies/privacy/partners/>をご参照ください。
4. dグルメ会員が本規約に違反した場合、ドコモは、ユーザIDとともに、当該違反の事実等を対象コンテンツ提供元に対して提供する場合があります。
5. 利用契約等が終了した場合、ドコモは、自らの裁量により、dグルメ会員の個人情報の全部または一部を削除することができるものとしますが、別途法律上の義務がある場合を除き、削除する義務を負わないものとします。これらにより、dグルメ会員が損害を被った場合でも、ドコモは一切責任を負いません。
第12条(dグルメの提供中断等)
1. ドコモは、次の各号のいずれかに該当する場合、事前にdグルメ会員に通知または周知することなく、dグルメの全部または一部の提供を中断することができるものとします。

(1)dグルメに関する機器、設備またはシステム等の保守上または工事上やむを得ない場合
(2)火災・停電等の事故、地震・洪水等の天災、戦争、暴動、労働争議等により、dグルメの運営ができなくなった場合
(3)dグルメに関するシステムの障害等により、dグルメの運営ができなくなった場合
(4)災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保または秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために緊急を要する場合
(5)対象コンテンツ、提携先コンテンツその他のdグルメを通じて提供されるコンテンツ、アプリケーション等に関する権利者等からの申し出があった場合
(6)その他ドコモが運用上または技術上dグルメの提供の中断が必要であると判断した場合
2. ドコモは、前項の定めに基づきdグルメの提供を中断した場合であっても、利用料の減免等は行わず、また当該提供中断によりdグルメ会員その他第三者に損害が生じた場合であっても、一切責任を負いません。
第13条(dグルメの提供停止等)
1. ドコモは、dグルメ会員が次の各号のいずれかに該当するとドコモが判断したときは、dグルメ会員に対する事前の通知を行うことなく、dグルメの全部または一部の提供を停止することができるものとします。

(1)第5条(プレミアム会員契約の成立)第3項各号のいずれかに該当する場合
(2)第6条(利用条件)第4項に違反した場合
(3)第8条(利用料の支払について)に定める利用料その他のドコモに対する債務を支払期日を過ぎても弁済しない場合(ドコモがその弁済の事実を確認できない場合を含みます)
(4)ドコモに対して事実に反する内容の届出または通知をした場合
(5)第三者によるdグルメの利用に支障を与えるまたはそのおそれのある行為があった場合
(6)本規約に違反した場合
(7)その他ドコモの業務の遂行上支障がある場合
2. ドコモは、dグルメ会員に対し、前項の措置に替えて、または前項の措置とともに、期限を定めて当該事由を解消することを求めることができるものとします。ただし、本項の定めは、ドコモが第16条(利用契約・プレミアム会員契約の解除)に基づき利用契約および/またはプレミアム会員契約を解除することを妨げるものではありません。
3. 第1項に基づきドコモがdグルメの提供を停止した場合であっても、dグルメプレミアム会員は利用料の支払義務を免れることはできません。
第14条(dグルメの廃止)
1. ドコモは、ドコモの都合によりいつでもdグルメの全部または一部を廃止することができるものとします。この場合、dグルメサイト上に掲載する方法により、dグルメ会員に対してその旨を周知するものとします。なお、dグルメの全部が廃止された場合は、当該時点をもって利用契約およびプレミアム会員契約は自動的に終了するものとします。
2. ドコモは、前項の定めに基づきdグルメの全部または一部を廃止したことによりdグルメ会員に損害が生じた場合であっても、一切責任を負いません。
第15条(利用契約・プレミアム会員契約の解約)
1. dグルメ無料会員は、ドコモが別に定める方法に従い、いつでも利用契約を解約することができるものとします。この場合、ドコモが、当該解約手続が完了した旨をdグルメ会員に通知した時点で利用契約が終了するものとします。
2. dグルメプレミアム会員は、ドコモ所定の方法により手続を行うことにより、プレミアム会員契約を解約することができるものとします。この場合、ドコモが、当該解約手続が完了した旨をdグルメプレミアム会員に通知した時点で、プレミアム会員契約は終了します。なお、プレミアム会員契約の終了後も利用契約が存続する限り、無料会員向けサービスを引き続き利用することができるものとします。
3. 前項の定めに基づきdグルメプレミアム会員がプレミアム会員契約を解約し、dグルメ無料会員として無料会員向けサービスをご利用になる場合、プレミアム会員向けサービスにおいてdグルメプレミアム会員が登録した情報のうち、ドコモが定める一部の情報を当該dグルメ無料会員向けサービスに引き継ぐことができます。
第16条(利用契約・プレミアム会員契約の解除)
dグルメ会員が以下の各号のいずれかに該当するとドコモが判断した場合、ドコモは、dグルメ会員への事前の催告なしに、利用契約およびプレミアム会員契約を解除することができるものとします。

(1)利用契約またはプレミアム会員契約の申込内容が事実に反していることが判明した場合
(2)他のdグルメ会員、第三者もしくはドコモに不利益もしくは損害を与える、またはそのおそれがある行為を行ったことが判明した場合
(3)dグルメの運営を妨げる行為を行ったことが判明した場合
(4)犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、違法な行為、公序良俗に反する行為、ドコモもしくは第三者の権利を侵害する行為またはそれらのおそれがある行為を行ったことが判明した場合
(5)第13条(dグルメの提供停止等)第1項各号に定める事由のいずれかに該当するとして、dグルメの提供が停止された場合において、当該事由がドコモの業務に支障を及ぼすおそれがあるとき、またはドコモが指定する期限までに当該停止の原因となった事由を解消しないとき
(6)第6条(利用条件)第4項に違反した場合
(7)本規約に基づく義務を履行する見込みがないと認められる場合
(8)支払の停止があった場合、支払不能の状態に陥った場合、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算開始の申立てがあった場合、手形交換所の取引停止処分を受けた場合、または仮差押え、保全差押えもしくは差押えを受けた場合
(9)ドコモに重大な危害もしくは損害を及ぼしたとき、またはそのおそれがある場合
(10)その他ドコモが不適切と判断する行為を行ったことが判明した場合
第17条(利用契約・プレミアム会員契約の終了)
1. 前三条に定めるほか、以下の各号のいずれかに該当する事由が発生した場合、当該時点で利用契約およびプレミアム会員契約は自動的に終了するものとします。

(1)ドコモがdグルメの全部を終了したとき
(2)dグルメ会員がドコモ回線契約者である場合において、対象回線契約について、解約、名義変更(ドコモが別に定める場合は除きます)、改番、電話番号保管がなされたとき
(3)dグルメ会員がspモード契約者以外のドコモ回線契約者である場合において、ドコモ回線dアカウントが失効した場合
(4)dグルメ会員が、ドコモ回線dアカウントをお持ちでないspモード契約者である場合において、spモード契約が終了した場合
(5)dグルメ会員が非回線契約者である場合において、キャリアフリーdアカウントが失効した場合
2. 前項第2号の規定にかかわらず、ドコモ回線契約者であるdグルメ会員が対象回線契約を解約される場合、対象回線契約の解約に際し、ドコモが別に定める方法に従い、以下の全ての条件を満たされた場合には、利用契約等は終了せず、引き続き非回線契約者としてdグルメを利用いただくことができます。なお、この場合において、対象回線契約の終了以降にdグルメをご利用になるためには、キャリアフリーdアカウントが必要になります。対象回線契約の解約に伴い、dグルメ会員が保有していたドコモ回線dアカウントは原則として特段の手続きを要せず、キャリアフリーdアカウントに自動移行し、そのまま利用いただけますが、例外的に、dグルメ会員のドコモ回線dアカウントのIDが電話番号形式、@docomo.ne.jp形式のドコモのメールアドレスまたは自由文字列形式の場合には、別途dアカウント規約に定めるキャリアフリーdアカウントへの移行のお申込みを行っていただく必要があります。

(1)利用契約等の継続を希望されること
(2)dグルメプレミアム会員の場合:
(i)決済用クレジットカードを届け出ること
(ii)届出のあった決済用クレジットカードを利用料の決済に利用することについて、ドコモがクレジットカード会社の承認を得られること
3. 非回線契約者であるdグルメ会員が対象回線契約を締結し、ドコモ回線契約者となった場合、dグルメ会員は、キャリアフリーdアカウントに関する登録情報に契約回線にかかる電話番号を追加するドコモ所定の手続きを行うことにより、dグルメ会員がご利用のキャリアフリーdアカウントのドコモ回線dアカウントへの移行をお申込みいただくことができます。この場合、キャリアフリーdアカウントのお申込み時等にご登録いただいたdグルメ会員に関する情報は、ドコモ回線dアカウントに関するご登録情報として引き継がれますので、利用契約等は終了せず、引き続きドコモ回線契約者として移行後のドコモ回線dアカウントによりdグルメを利用いただくことができます。ただし、この場合であって、ドコモ回線dアカウントへの移行完了前にドコモ回線dアカウントへの移行の申込みをされる対象回線契約の契約回線からアクセスしてdグルメを利用されていた場合、当該利用にかかる情報等は、ドコモ回線dアカウントの移行完了をもって消去されます。
4. 利用契約が終了した場合、終了時点をもって、dグルメ会員はdグルメの利用を直ちに終了するものとします。利用契約の終了時点をもって、プレミアム会員契約も終了するものとします。また、プレミアム会員契約が終了した場合、終了時点をもって、dグルメプレミアム会員はプレミアム会員向けサービスの利用を直ちに終了するものとします。
5. 利用契約およびプレミアム会員契約の終了後においても、ドコモは、dグルメに関連して取得したdグルメ会員の情報について第11条(個人情報の取扱い等)の定めに従い引き続き利用することができるものとし、別途法律上の義務がある場合を除き、削除する義務を負わないものとします。
6. 利用契約もしくはプレミアム会員契約の解約もしくは解除により、dグルメ会員が損害を被った場合でも、ドコモは一切責任を負いません。
7. 利用契約の終了後も、第2条(dグルメの概要)第4項および第8項、第6条(利用条件)第6項および第8項、第8条(利用料の支払について)、第9条(債権の譲渡等)、第11条(個人情報の取扱い等)、第12条(dグルメの提供中断等)第2項、第14条(dグルメの廃止)第2項、第17条(利用契約・プレミアム会員契約の終了)第4項乃至第7項、および第19条(損害賠償)乃至第21条(準拠法および管轄)はなお有効に存続するものとします。
第18条(通知)
1. ドコモは、dグルメに関するdグルメ会員への通知を、次の各号のいずれかの方法により行うことができるものとします。

(1)dグルメ会員が対象回線契約に関してドコモに届け出ている氏名、住所、請求書の送付先等への郵送による通知(ドコモ回線契約者の場合)
(2)dグルメ会員が対象回線契約において利用されているメールアドレスへの電子メールによる通知(ドコモ回線契約者の場合)
(3)dグルメ会員の対象回線契約にかかる契約回線に対するメッセージR(リクエスト)またはSMSによる通知(ドコモ回線契約者の場合)
(4)dグルメ会員のdアカウントにおいてIDとして利用されているメールアドレスまたは予備メールアドレスとして登録されているメールアドレスへの電子メールによる通知
(5)その他ドコモが適当と判断した方法による通知
2. 前項の方法によるdグルメ会員への通知は、ドコモが特に指定する場合を除き、ドコモが前項に定める通知を発した日になされたものとみなします。
3. ドコモは、第1項各号の他、dグルメサイトその他ドコモが適当と判断した方法による掲載場所にその内容を掲載することをもってdグルメ会員への通知に替えることができるものとします。この場合、ドコモが当該通知内容をdグルメサイトその他ドコモが適当と判断した方法による掲載場所に掲載した日をもって当該通知がdグルメ会員に対してなされたものとみなします。
第19条(損害賠償)
1. ドコモは、dグルメを提供すべき場合において、ドコモの責めに帰すべき理由によりその提供をしなかったときは、dグルメが全く利用できない状態にあることをドコモが知った時刻から起算して、24時間以上その状態が連続したときに限り、dグルメ会員の損害を次項に定める範囲内で賠償します。
2. 前項の場合、ドコモは、dグルメが全く利用できない状態にあることをドコモが知った日からその状態が連続した期間に相当する利用料の日割金額を発生した損害とみなし、その額に限って賠償します。
3. 前二項に定める場合の他に、dグルメに関してドコモがdグルメ会員に対して損害賠償責任を負う場合、ドコモが賠償する損害は、通常かつ直接の損害(第8条第2項に定める1か月分の利用料を上限とします)に限るものとし、ドコモは、如何なる場合であっても、間接損害、特別損害、付随的損害、派生的損害、逸失利益、使用機会の喪失による損害についての責任は負わないものとします。
4. 本規約の規定にかかわらず、dグルメ会員の損害がドコモの故意または重大な過失による場合、前各項その他本規約においてドコモを免責する規定は適用しません。
第20条(権利譲渡等の禁止)
dグルメ会員は、ドコモの事前の書面による同意なしに、利用契約またはプレミアム会員契約上の地位またはdグルメを通じて生じたドコモに対して有する権利もしくはドコモに対して負う義務の全部または一部を譲渡し、承継させ、または担保に供することはできないものとします。
第21条(準拠法および管轄)
1. 本規約の効力・履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
2. dグルメ会員とドコモとの間で本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2015年5月28日制定

2015年12月1日改定

2016年11月10日改定

2017年11月20日改定

2018年9月27日改定

  

ページトップ